円筒形じゃかごじゃかご

土木事業において、古くから使用されてきた伝統工法であり、JIS規格で定められた円筒形のひし形金網の内部に、自然石、砕石などを中詰して、河川・治山等の工事に使用する伝統的工法です。
主に、緩やかな勾配の法面に設置され、法面保護等の用途で採用されるケースが一般的です。

規格

部材規格[mm]

金網 網目 線径 使用材料
ひし形金網 130目 φ3.2,φ4.0 亜鉛めっき鉄線
(3種めっき:SWMGSー3)
※ 上記以外の寸法・仕様をご検討の際は、別途お問い合わせ下さい。

寸法規格[mm]

径φ 長さ L
450 2000
3000
4000

用途

  • じゃかごは簡易構造のため、仮設資材として取り扱われております。
    本設資材としてご検討の場合はこちらをお勧めします。
    → ハイパーマット平張り型

設計条件

ページTOPに戻る