大型めっきかご枠大型EGボックス

従来品であるEGボックス(めっきかご枠)の長所をそのままに、
高強度・高性能化を実現した、大型めっきかご枠工です。
中詰材に現地発生土砂を使用することにより、力強い緑の擁壁が実現します。

大型EGボックスは下記 新技術・新工法に登録しています。

農業農村整備民間技術情報データベース】(登録番号:0319)

特長

  • 山形鋼(アングル材)や太径鉄筋を採用し、高い剛性を確保
  • 全部材に、高性能表面処理を採用し、高い耐久性能を確保
  • 現地発生土が利用可能でコスト縮減を実現
  • 植生シートを利用して、修景緑化が可能
  • 部材が軽量で、運搬が容易
大型めっきかご枠大型EGボックス

用途

  • 道路擁壁
  • 山腹土留工、山腹緑化工
  • 切土、盛土法面の法尻押さえ、法尻保護
  • 法覆工(侵食防止工)
  • 護岸工、流路工
大型めっきかご枠大型EGボックス

規格

部材規格[mm]

部材名称 線径・サイズ 使用材料
本体/側面網 φ6×100×100 溶融亜鉛めっき処理 溶接金網
亜鉛付着量550(g/㎡)以上
梁材・枠部アングル材 t6、t5 溶融亜鉛めっき処理 山形鋼
ステー、枠部鉄筋 φ16、φ13 溶融亜鉛めっき処理 棒鋼
又は、溶融亜鉛めっき処理 鉄線

寸法規格[mm]

型式 高さ H 幅 B
150型 1000 1500
200型 1000 2000
250型 1000 2500

関連製品

ページTOPに戻る