高耐久性築堤マットリーフマット

― PE被覆線の特性 ―

特殊ポリエチレン被覆線材の特性

特殊ポリエチレン被覆線材の特性

リーフマットに採用された特殊ポリエチレン被覆線材は高い耐久性能を持ち、軽量で高強度を有するという特長を持っています。
この特殊ポリエチレン被覆線材は、温泉水、海水中等の悪条件下で抜群の性能を発揮します。

完全に密着していない場合(従来品)

1. 端部から海水が浸入し、腐食が全面に広がる

2. 傷口から海水が浸入し、腐食が全面的に広がる

3. 腐食が進行すると、被覆のめくれが生じる恐れがある

完全に密着している場合(リーフマット)

1. 端部から海水は浸入せず、腐食は進行しにくい

2. 傷口から海水は浸入せず、腐食は進行しにくい

密着性(耐海水浸入性)

特殊ポリエチレン被覆線はポリエチレン樹脂と心線(亜鉛めっき鋼線)が完全に密着しているため、被覆線の端部に錆が発生しても、錆の進行を防止することが出来ます。

耐磨耗性

結論

● 特殊ポリエチレン被覆線は「亜鉛めっき鉄線に比べ耐磨耗性が約18倍」と優れています。
そのため、常に砂に洗われるような厳しい海洋環境でリーフマットを使用した場合でも、優れた耐久性を発揮します。

● 亜鉛めっき鉄線に比べ耐磨耗性が約18倍優れており、海洋環境においても約60年の耐久性を維持します。

耐摩耗性試験結果

耐燃焼性

結論

● 特殊ポリエチレン被覆線は、『防火物品の防炎性能試験基準』の評価基準を満たしており、引火によっても燃え広がりにくい性質を有しています。

耐摩耗性試験結果
ページTOPに戻る