法尻かごベースロック

道路や堤防裏法尻に使用される「かご系法覆工」の法尻部に使用する製品です。多段積状のかご製品では、法覆工との接合部に隙間が開いてしまう等の問題点がありました。裏法台形形状のベースロックがこの問題を解決します。


ベースロックは下記 新技術・新工法に登録しています。

国土交通省 新技術情報提供システム登録製品

特徴

経済性

  • 法面の安定に必要な最適断面を構築することで、ふとんかごと比べて工費縮減が可能

機能性

  • 法覆工と隙間の無い連続一体構造が構築可能で、法覆工の滑動防止が図れると共に、排水性も向上する
  • 本体を溶接金網とし連続一体構造にした為、出来形精度が向上


用途例:かご系法覆工の法尻基礎として

耐久性

  • 金網部に亜鉛アルミ合金先めっき溶接金網を採用したことにより、本設材としての耐久性を実現

強度

  • 金網に引張強さ540N/mm2 以上を有する溶融亜鉛-10%アルミニウム合金めっき鉄線を使用した事により、適用範囲が拡大
  • ※亜鉛アルミ合金先めっき溶接金網用線材を示す。


規格

部材規格[mm]

部材名称 線径 網目 使用材料
本体 Φ6,Φ5 100×100 亜鉛アルミ合金先めっき溶接金網
付着量300g/m2以上
アルミ含有量10%以上
側面網 Φ6 100×100
上蓋 Φ5 150×150
ステー Φ9   ー 亜鉛アルミ合金めっき鉄線
付着量300g/m2以上
アルミ含有量10%以上
連結コイル Φ5   ー
※製品改良の為、製品形状及び仕様を予告なく変更する場合があります。

寸法規格[mm]

高さ H1/H2 幅 B 長さ L
800/580 800 2000
※端部用のL=1000㎜もご用意しております。

施工手順

1ベースロック本体組立設置

2法覆工組立設置・
  ベースロック本体中詰

3法覆工・
  ベースロック上蓋取付

4法覆工・ベースロック完成

施工例

ページTOPに戻る